ウイルスの消毒薬抵抗性

細菌は細胞壁や細胞膜で出来ている生物だから、アルコールに触れると浸透圧の関係で脱水されて死滅する。

だがウイルスは、それ単体では生物といえるかどうか微妙な、代謝を行なっていない高分子たんぱく質なので、アルコール消毒では簡単には死なない。

インフルエンザウイルスは比較的アルコールに弱い方だが、ノロウイルスなんかだとアルコールにはかなり強いので、消毒したつもりでいても死んでなくて食中毒の元になったりする。

ウイルスの消毒には、次亜塩素酸ナトリウムやポビドンヨードを使うほうが確実。アルコールだと、シュっとひとふきでは不十分で、接触時間を長く必要とする。

ぶっちゃけ街の薬局で売っている市販薬レベルの消毒薬では、インフルエンザ対策は気休め程度にしかならないようだ。

気休め程度にしかならないのなら、むしろ気にしないほうがストレスが溜まらなくて、免疫には良いような気もする。

それにしても、豚かどうかに関わらず、通常はインフルエンザは流行しない季節にインフルエンザが増えるというのは、誰かがわざわざまいてるんじゃないかという気がして、なんかダークな気分になる。